フォト
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ロボット部品

無料ブログはココログ

ロボットランサー

2012年3月26日 (月)

ロボットグランプリに行って来ました!

参加された皆様,運営に関わった皆様,お疲れ様でしたhappy01
今年も楽しい大会でしたsign03

私はというと・・・製作途中のロボットを持っていって紹介してました.
意外と「Basic Lancer」のボードないしは構成への反響が大きくて,嬉しい限りですcatface

最近,本業が忙しいので,詳しいことは少し時間が出来たら書こうと思います.

本日はおやすみなさいですsleepy

2012年3月18日 (日)

ハッピーPCB(長いです)

本日は新規にハッピーPCBという基板屋さんに基板を注文したので,そのことについて書きたいと思います.

趣味の電子工作で注文できる基板屋さんと言って皆さん思いつくのは
P板.com
きばん本舗
PCBCART
FusionPCB
SilverPCB
くらいでしょうか?
私は4層にしたり,変なルータ切り出しを指定したり,円高だったりするので,PCBCARTに注文することが多いですね.

さてさて,趣味の電子工作の場合,品質もさることながらお値段や取引方法や納期も重要なところですね.
今回注文したハッピーPCBはこれらの要望を満たしてくれると思います.
注文の流れは兄のブログで紹介されていますがここでも少し紹介しておきます.

○注文方法
基本的にはFusionPCBと似ていて,web上でカートに入れるだけです.サイズ変更などのオプションはそれぞれ追加料金になります.
1.ホームページ上で注文したいデザイン(2層両面とか4層とか)を選びます.
2.基板サイズや表面処理を選択してカートへ入れて注文します.
3.メールにてガーバーデータを添付して送ります.
※選択肢にない板厚は問い合わせると対応していただける可能性があります.

○添付するガーバーデータ
RS-274XDのeagleを使用している場合,サーキットボードサービス社のここがCAMプロセッサーを提供してくれています.
今回注文時に送信したガーバーデータは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
BasicLancer.cmp ... pattern component side:部品面
BasicLancer.sol ... pattern solder side:半田面
BasicLancer.stc ... Solder stop component side:部品面の半田ストップ
BasicLancer.sts ... Solder stop solder side:半田面の半田ストップ
BasicLancer.plc ... Silkscreen component side:部品面のシルク
BasicLancer.out ... outline file:外形
BasicLancer.dri ... Drill table:ドリルテーブル
BasicLancer.drd ... Drill data:ドリルデータ

BasicLancer.gif ... PCB image:デザインのキャプチャ画像
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
です.

○デザインルール
デザインルールが分かりにくいですが,FusionPCBと一緒と考えて差し支えないかと思います.ページ下の方にeagleのデザインルール(「Eagle Design Rule」という項目)をダウンロードできます.
もし何か問題がある場合,メールにて連絡が来ます.
私の場合,シルクが外形からはみ出ていたために,「よろしいでしょうか?」という旨の連絡が来ました.

○オプション
私が今回確認したのは「メタルマスク」についてです.
メタルマスクの取り扱いは,現状ですと問い合わせると対応していただけるようです.フレーム無しの販売で,基板サイズやピッチによるのかもしれませんが,今回の私の基板(108 x 86 mm)では\8,000 程度のようです.
メタルマスクとクリーム半田があれば,自宅リフローも夢じゃなくなりますhappy02

○納期
海外の基板屋さんに比べて早いです.
通常は2層で5営業日のようです.私の場合は,ちょうど製造国(韓国)の祝日と被ってしまったため,注文から1週間とちょいで納品でした.
日本で平日でも製造国が祝日の場合は,日本の5営業日にはならないようです(当然ですよね).

○基板の写真
以下,写真と気付いたことを少々加筆して紹介します.

Rimg0224
基板は小ぶりの箱に梱包材でくるまれ,さらに遮光フィルム(写真右)につつまれ,静電防止のぷちぷち(写真左)で真空梱包されていました.

Rimg0225
静電防止ぷちぷちでの梱包(乾燥剤は入ってませんでした).

Rimg0226
部品面です.

Rimg0227
半田面です.

Rimg0228
ロゴのアップです.フォントはVectorですが,かすれ等はありません.

Rimg0229
2.54mmピッチに10milのラインを2本通せるデザインルールです.

Rimg0230
基本的にviaの中にもレジストが入り込みます.また,一部レジストが薄い感じです.

Rimg0231

Rimg0232
一部のviaに若干の穴ズレがあるように見える.レジストも濃い部分がある.
けれど,海外の基板屋さんに比べると穴ズレはとても小さいし,銅箔が見えるようなレジストの薄さもないです.

Rimg0236
基板のデザインは違いますが,左からハッピーPCB,P板.com,PCBCARTです.

Rimg0237

Rimg0239
マイコン部分のviaを見ると,品質的にはP板.comか,それよりキレイかも?

Rimg0234
最後に,ロボットに基板を搭載するとこんな感じ.

ハッピーPCBは,基板サイズ10 x 10 mmの基板から製造してくれますし,連絡も日本語で出来ますし,値段も海外の基板屋さんと同じか安いです.(今回の基板をPCBCARTで見積ると,$149となり,$1=\80換算でも約\12,000となります)
基板を初めて注文する方のみならず,品質やデザインルールを攻めた基板を注文する方にもオススメだと思います.

2012年3月13日 (火)

すいません

すいません.今年のランサーはエントリーしませんでした.

ロボット自体は完成すると思うのですが,本業と自身の体力と相談した結果あえなく断念・・・

当日ロボットは持っていくつもりですが,動くかどうかは分かりません.wobbly


それとランサー用の基板が本日届いたので,近々アップしますwink

2012年3月 6日 (火)

いろいろと注文したものを紹介

ここ1ヶ月くらいの間に行ったところ,作ったもの,注文したものを紹介!

Rimg0198

猫カフェ

Rimg0217

PCBCARTに注文した基板

Rimg0219

コーデンシのKE203というエンコーダICを使った自作エンコーダ(1周100パルス20kHzくらい)

Rimg0220

ランサー用の安いサーボ(enRouteのDHCMというやつ)
中身は引っこ抜いて,フルブリッジのモータドライバを入れてあります.
モータはコアレスでした.


Rimg0221

ランサー用の安いサーボその2(MKSのDS1210というやつ)
モータはコアドでした.


Rimg0223

2つ並べるとこんな感じ.

2012年1月20日 (金)

追加料金が発生

やっぱり基板注文に追加料金が発生しました.
そりゃぁ面付け料金発生しますよねcoldsweats01
$60ちょい発生したので,送料込みで10枚で$240程度になりました~flair

2012年1月18日 (水)

基板注文しました!

最初はFusion PCB に注文しようかと思ったんですが,よくよく読んでみると面付けダメみたいなので諦めました.
それで結局PCB CART に注文しました.
10枚頼んで$150ちょいくらいでした.

デザインルールは
Thickness(板厚):1.2mm
Min. Tracing/Spacing(最小線幅):0.2mm(8mil)
Min. Annular Ring(ビアのランド幅):0.1mm
Smallest Holes(最小ドリル径):0.4mm
Soldermask Color(基板色):黒(つや消し:Matt Color)

Verdirl3_sensor

2012年1月 4日 (水)

明けましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました.
今年も皆様にとって良い年になることを願っています.

今年もよろしくお願いしますwink

さてさて,昨年末に国際ロボット展に私のロボットが展示されたことは以前紹介したと思います.
その光進電気工業 様 のHP新着情報に国際ロボット展の情報が掲載されまして,私のブログも紹介されているので紹介されていることの紹介です.

もう一つはロボットランサー用の物品を少々設計中ですcatface
Photo
W谷さんのブログ の11月30日の記事を見かけてふと思ったことを実践してみました.
自分のロボトレーサの機構の関係上,コーナーのインとアウトを判定するのに大変苦労しまして,それはロボットがコースを2次元的に見れないからではないかと思いました.
そこで,短い間隔ではありますが2次元的に見れるんではないかというセンサーを設計してみました.
うまくいくかどうかは分かりません.

左上の基板は,市販のRCサーボを自分で制御するための簡単なモータドライバ基板です.
センサーの間に入っている小さな基板はLEDサイリウム用のジョイント基板です.

ちなみに今年のロボットランサーはどんな機体で出場しようか迷い中ですcoldsweats01

2011年8月26日 (金)

すぐ放置しちゃってすいません

ブログを書くたびに「すいません」と言ってる気がします.

最近ブログを書いてる時間がもったいなくて放置してました.
というのは,ずっとやりたいことに追われていて,ブログの優先順位が下がっていくからですね.

本日やっと,先月のロボットグランプリの動画を編集して,youtube にアップしましたhappy02
大きい画面で見たい方はこちら

実は
・LEDサイリウムの開発
・クラシックマウスの昇圧回路用コイルの変更
・ノートPC(Vista)の改造
なんかをしました.サイリウムは結局4層基板でPCB CARTに頼むことになりそうです.当初はFusion PCBに頼む予定だったんですけど,基板デザインが2層では物理的に不可能となってしまったため,やむを得ずPCBCARTに変更になりました.
詳しい話はまた後日flair

2011年7月31日 (日)

第14回ロボットグランプリ結果

まず,大会に参加された皆様,大会運営委員の皆様,お疲れ様でしたshine

さて,「結果」と見て「ん?」と思った方がいらっしゃるでしょうか?
そう,大会には参加予定ではなかったんですが,結局参加することになりました.
前日飛び入り参加という・・・いつにない参加をしました.

結果はというと

Rimg0044_1
マイスタークラス優勝!?

参加台数が4台ということもあり,どちらかというとエキシビジョンマッチだったと思います.
参加予定のないロボットだったためにメンテもせず,調整時間も1日という厳しい状況ではありましたが,何とか走り切ることはできましたflair

3年目でノーメンテということもあり,至る所に疲弊の色が見えていました.
エンコーダの取り付けはPC(ポリカーボネート)を使っているのですが,それが割れて今にも割れそうでした.
Rimg0045

ステアモータのケーブルは数々のクラッシュの影響か,あるいは曲がるときに力学的な負荷がかかっているのか,ビニル皮膜が切れていました.
Rimg0048

足回りのスパーを止めているピンは,ABSにステンピンを入れていることから,少し穴が広がっていました.
Rimg0052

そして,最後に少し触ったら,こうなりました↓
Rimg0049

この子はよく頑張ったと思いますsign03
ウィニングランが最終走行なら,ロボットもきっと本望だと思います.

詳しい解説などは,時間と気力があればやるかもしれません・・・

2011年7月29日 (金)

明日から

ロボットグランプリの設営手伝いを少々
ロボットグランプリURL:http://rgns1.life.chukyo-u.ac.jp/RobotGrandPrix/index.html

より以前の記事一覧