フォト
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ロボット部品

無料ブログはココログ

メカメカ分解

2011年11月 7日 (月)

HDD分解記録と液晶ディスプレイ修理

最近,部屋の整理を始めまして,手始めにずっと気になっていたHDDを廃棄処分することにしました.

まず,登場するのが知り合いから使えなくなってもらった3.5インチHDD.
I-O DATAの一番安い外付けモデルの中身のHDD(2TB)ですね.
メーカはSamsungのでした.
3枚プラッタでキレイなプラッタも1枚ありましたが,残りの2枚は内側にも外側にも傷が付いていました.
Rimg0327 Rimg0328
↑1枚目のプラッタ
Rimg0329 Rimg0330
Rimg0331 Rimg0332
↑2枚目のプラッタとヘッド
Rimg0333 Rimg0334
↑3枚目のプラッタ
Rimg0335 Rimg0336
↑プラッタを全部取り去った後,ヘッドの部分のみ
Rimg0337 Rimg0338
↑基板との接点コネクタ,ヘッドの先っちょ

次に古い古いHDD.
どちらもI-O DATAの外付けモデル.
左が160GBモデル,右が320GBモデル.
Rimg0339
Rimg0340 Rimg0341_2
↑もはや見たこともない外観ですね.

まず,160GBモデルから分解しました.
Rimg0343 Rimg0344
↑謎の外観のHDD(Samsung),ケース内部の右側はスイッチング電源
Rimg0345 Rimg0346
↑スイッチング電源,IDE接続のHDD(今や化石)
Rimg0347 Rimg0348
↑制御基板ももはや化石か?,基板を取るとこんな感じ
 Rimg0349_2 Rimg0350_2
↑基板との接点はバネ式の簡単(?)なもの
Rimg0351 Rimg0352
↑見たこともない構造の2枚プラッタHDDでした
Rimg0353 Rimg0354
↑ヘッドの退避場所は無いみたい,全部バラしました

次に320GBのモデルを解体.
Rimg0355 Rimg0356
↑基本構造は一緒,基板との接続方法も一緒
Rimg0357 Rimg0358
↑コネクタの種類が違うようです
Rimg0359 Rimg0360
Rimg0361 Rimg0362
↑構造は最近のモデルと一緒な感じ

次に2.5インチHDDを解体.
中身はとてもコンパクトにまとまっている.
この中によくこれだけのものが入っているな,という印象.
Rimg0436 Rimg0437
↑日立の80GBモデル
Rimg0438 Rimg0439
↑ちゃんとヘッドの退避場所,ヘッドの部分を完バラ
Rimg0440
↑ヘッドの部分を拡大

最後にDELLディスプレイを修理しました.
最近ずっと電源か何かのトラブルで,電源ボタンが点滅状態になることがしばしばありました.
ディスプレイをぶったたくと直ったりしたんで,接触不良かと思ってググってみると結構同じような症状で悩んでいる人がいました.
原因は電源基板の半田クラックっぽい?とあったので,とりあえずバラして半田ごてをあてなおすことにしました.
Rimg0443 Rimg0444
↑外観,裏面
Rimg0447
↑解体するとディスプレイと基板に分かれた
Rimg0448_2 Rimg0449
↑基板,ディスプレイの背面

結局,電源基板(大きい方の基板)の半田を全部付け直したら,暫定的に直っています.
見た感じでは,元々の半田がどれもオーバーヒート気味な色してました.

もう一つ最後に2.5インチHDDをバラしたのを忘れてました.
Rimg0450 Rimg0451
↑携帯型の外付けモデル,帯電防止フィルムに包まれて入っているという驚きの状態
Rimg0452 Rimg0454_2
↑基本構造はどれもあまり変わらないみたい,でもガラスプラッタでした

今部屋にHDDから取り出したネオジウム磁石が撃墜マークのように6個ほど並んでいますcatface

2011年1月 4日 (火)

明けましておめでとうございます.

何かと変なものしか作っていませんし,引っ込み思案なところが多々ありますが,今年もよろしくお願いします.そして,私が作るものも生ぬるく見守ってくださいcatface

気がつくと1月3日が終わろうとしていますが,この年末年始は長いようで短いものでした.
30日にはhaseさん にとある物を納品し,31日にはいろいろと分解し,年始には初詣に行ってきました.

まず,何を分解したかというと・・・
Cimg2543 Cimg2550
この2つ.
左は昔々の電子辞書.右はもはやハードディスクから異音がしていたMP3プレーヤー.
MP3プレーヤーはメモリがHDDだった時代のものです.
これらは,30日から始めた大掃除の最中に出てきた物で,もう使わんからバラしましたgood

さて,まず左のものからバラしていきましょう.
裏面はこんなん.
Cimg2544
ケースは完全なはめ込み式で,外すとこんなん.
Cimg2545
基板を拡大!ついてる部品は結構大きめです.あと,テストパッドらしきものがたくさん.
Cimg2546
ゴムパッドの方はこんなん.
Cimg2547
導電パターンの部分を拡大!デジタル式のゲームパッドと一緒ですけど,普通のものより細かいです.ゴムの方には,導電性ゴムパッドがついてます.ついでに言うとロボットランサーの自動標的も原理は一緒だったりします.
Cimg2548
液晶の配線はおそらく圧着でついてました.
Cimg2549

次に右側のをバラしてみます.
裏面はこんなん.
Cimg2551
ネジがヘクサロビュラ穴小ねじだったために,開けるのは苦労しましたよ.
結局マイナスドライバーを2本使ってネジ回しました.
Cimg2552
こちらはさすがに部品もパターンも細かいです.そして面白いというか当然に思ったのは,表面の金属がGNDに落とされていることですね.
Cimg2556
ただ,この基板妙にビアが多いんですよね.たしかに高周波基板だとパターン層間のインピーダンスを小さくするためにたくさんビア打ちますけど・・・?
Cimg2558
基板をケースから外すとこんな.やはり裏のケースもGNDに落とされています.あと,タッチパッドは4線しかないので厚膜抵抗式ですかね.
Cimg2559
コイルっぽいものを発見!電源用のフィルタかと思われ.
Cimg2560
通信用のコネクタ基板.たくさんコンデンサのシルクが描いてあります.
Cimg2563
メイン基板の裏面.やはりテストパッドらしきものがたくさんあります.そして,ここで気づくのが表面にBGA(ボールグリッドアレイ:横から足が出ていない表面実装の部品)があるのに,そのランドパッドが見えないこと.つまり,ビルドアップ基板 !?
あと,上部の物がハードディスク.
Cimg2565
何に使われているか分からない電池は完全に腐ってました.
Cimg2567
ハードディスクをとるとこんなん.ハードディスクもケースGNDされてました.
Cimg2569
ここでちょっと休憩して,液晶ディスプレイを外してみます.それにしてもさ,ビア多すぎね?
Cimg2570
電池も皮をひんむいてみます.基板に直接ハンダ付けされてました.
Cimg2571
さて,ハードディスクが出てきました.とってもかわいい6GBのハードディスク.Seagate 製でした.
Cimg2572
ハードディスクも変な3爪のネジだったため,開けるのに苦労しましたよ.シール剥がして,表面パネルをとっただけでもうヘッダが見えてます.
Cimg2573
これを開けると中からこんなにかわいいハードディスクが出てきました.
Cimg2574
どのくらいかわいいかというと・・・
Cimg2575
ヘッダの部分を拡大すると・・・ちっちゃいけれどすごい!
Cimg2576
ディスクのみを取り出してみました.
Cimg2577
HDD(ハードディスクドライブ)の構成部品は意外に少ない.
Cimg2578
ディスクを回しているのはこれ!
Cimg2579
知ってる人も多いかもしれませんが,ハードディスクの場合ディスクの連続回転時間が長いため,アクチュエータは接点が少なく薄型なブラシレスモーターだったりします.
Cimg2580
コイルが完全に樹脂で固められてます.
Cimg2581
ヘッダ(ディスクから情報を読み取る部分)の部分を拡大するとこんな.
Cimg2582
あと,初めて見たんですが,ディスクはガラス基板でした.おもいっきり割れて指切りましたよcoldsweats01
Cimg2584

このまま続けて,初詣の時に見たねこを上げようと思ったんですけど,なんかブログが長くなってしまったので,それはまた後日ということでwink